サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

家庭用システムとの違い

ここでは、事業用太陽光発電の基礎知識として、家庭用システムとの違いについて紹介します。

事業用太陽光の基礎知識~家庭用システムとの違い~

事業用太陽光発電と家庭用太陽光発電、そもそも何が違うのだろう?そう思う方も多いと思います。

同じパネルが乗っているようにみえても、家庭用と事業用の太陽光発電は実は大きく異なります。まず、基礎知識として下記を抑えておきましょう。

パネルとシステムが違う

家庭用の太陽光発電と事業用太陽光発電では、「パネル(モジュール)」そのものが違います。

一般家屋の南向きの屋根に設置する家庭用太陽光発電パネルに対し、事業用太陽光発電では、比較的高いビルや工場の屋上に設置するために風やその他の過酷な自然環境に対応することが求められています。そのため、事業用太陽光発電のパネルは家庭用に比べて割高になります。

さらに、それぞれの環境にあったシステムを構築するため、ワンパッケージの一般家庭向けのシステムとは違い、オーダーメイドになります。規格にあったユニットバス(風呂)とオーダーバスの違い、というと分かりやすいかもしれませんね。

発電量が違う

基礎知識として、10kW以上の発電量があると全て産業用としてみなされます。10kW未満であれば事業用太陽光発電ではなく家庭用となるケースが多いようです。

全量売電をする場合は、10kWのラインで売電の価格が変わるので注意が必要です。

電力網が違う

一般家庭に配電される家庭用電力と、工場などに配電される高圧電力があるということは、ある程度基礎知識として知られていることですが、事業用太陽光発電でも50kW以上の出力がある場合は、高圧電力網への接続が必要となります。

高圧電力についてはこちらをチェック

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド