サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

導入までの流れ

ここでは、事業用太陽光発電の基礎知識として導入までの流れについて紹介します。

事業用太陽光の基礎知識~導入までの流れ~

建物の設営で一番大切なのが建築物の設計や各種届出であるように、事業用太陽光発電の設置にも、設計や届出が重要になってきます。

ここで基礎知識として今回のランキング1位であった、さつき株式会社の例をとって見てみましょう。

1.企画~設計

設置企業は、まず事業用太陽光発電の導入にともなうバランスシートの検討を行う必要があります。

そこで、正しい数値を導くためには設置業者であるさつき株式会社のエンジニアやコンサルタントの意見を取り入れながら、発電量のシミュレーションを行なっていきます。周辺環境のチェックや方位、気候のチェックなど現地調査も行ないましょう。

基本設計は、設置業者であるさつき株式会社からの提案となります。太陽光発電設置企業は、その設計書を検討しながら、見積もりと勘案し、費用対効果がしっかりとしていることを確認します。

2.各種届出および制度活用

補助金や助成金などは、発注前に公募申し込みを行うのが基本です。

この申し込みの際には最終見積もりができていることも重要です。補助金や助成金などの結果がわかり、資金調達が可能になった時点で、正式発注です。

正式発注がなされると、設置業者は地域の電力会社および自治体に事業用太陽光発電導入にともなう事前協議や連系申込書、工事着工届けなどを提出します。

設置がほぼ終われば、設置企業は電力会社と受給契約の締結(売電契約)を行ないます。こうして毎日作られた電気は、無事に電力会社に売ることができるようになるのです。

ちなみに、最近では事業用太陽光発電の運転開始時に申し込む助成金もできています。

産業用太陽光発電の補助金についてはこちらもチェック!

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド