サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

関連法規

ここでは、事業用太陽光発電の基礎知識として、さまざまな関連法規について紹介しています。

事業用太陽光発電の基礎知識~関連法規~

このサイトではここまで様々なページで、固定買い取り制度や助成金制度、高圧連系の届出など、法律によって定められた各種制度を紹介してきました。

ここでは、事業用太陽光発電の基礎知識として一挙にまとめてみます。

事業用太陽光発電導入に関して

  • 建築基準法…工場や事業所の屋根に太陽光発電パネルを設置する場合、建築基準法が定める「構造耐力」に関する基準をクリアしていることが求められます。
  • 電気事業法…事業用太陽光発電は、電気事業法によってコントロールされています。50kW未満の低圧連系であれば各種届出は不要ですが、50kW以上の高圧連系になる場合は、主任技術者の仙人、保安規定の届出などが必要になります。

事業用太陽光発電に関する助成について

再生エネルギーの固定価格買取制度…事業用太陽光発電によって発生した電力を、その地域の電力会社に売電する仕組みです。平成26年度は1kWあたり32円を20年間にわたって固定価格にて買取されることが定められています。

各種助成金、補助金制度…経済産業省および地方自治体、各種社団法人などが独自に基準を定めて募集しています。

補助金の詳細はこちら

各種減税制度…所得税の優遇制度(グリーン投資減税)や固定資産税の優遇制度など。

減税制度の詳細はこちら

工場そのものについての法規について

工場立地法…敷地面積9,000m2、または建築面積3,000m2以上の工場では、敷地に占める緑地面積を20%以上かつ環境施設を25%以上確保することが求められますが、事業用太陽光発電施設の設置面積は、この中の「環境施設」に相当することができます。

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド