サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

Q&A

ここでは、事業用太陽光発電の基礎知識としてよくある質問内容をQ&A形式で紹介します。

事業用太陽光発電の基礎知識~Q&A~

検討段階で特に多い素朴な疑問にお答えしていますので、ぜひ参考にしてください。

事業用太陽光発電を導入するには?

まず、事業用太陽光発電の導入は、事業用太陽光発電パネルを販売・施工している設置会社を選ぶことから始まります。近年はさまざまな業者がいるので、きちんとした基準を持って施工業者を選ぶと良いでしょう。

事業用太陽光発電パネルはドコが良い?

技術の進歩により、数年前に比べてどのメーカーであっても発電効率は大きくは変わらなくなってきています。むしろ設置場所を選ばない「軽量パネル」であることや、保証がしっかりとしていることなどを基準にしたほうが良いでしょう。

事業用太陽光発電が導入できないケースとは?

パネルの腐食が激しくなることが予測される地域では、太陽光パネルの設置はできません。具体的には硫黄温泉の近くで大気に硫黄成分が含まれている地域、沿岸で時には海水がかかるほどの地域、豪雪地帯で冬季は常に雪に埋もれている地域などです。

事業用太陽光発電はどのくらい稼働するの?

固定買取制度が20年であることからもわかるように、基本的には、事業用太陽光パネルの寿命は20年前後であるとされています。

メーカーの保証は10年から25年まで様々ですので、長期保証のところは比較的長期稼働が可能であることが類推されます。ただし、太陽光発電自体が新しい産業なので、確約は難しい状況です。

設置にかかる期間は?

事業用太陽光発電の導入検討から実際の稼働までは、最短でも2~3ヶ月程度はみておく必要があります。事業用太陽光発電では、それぞれの設置場所に応じたオーダーメイドのシステムを組む必要があるためです。

システムの検討や見積もりの検討、さらには助成金や補助金を受けることなどを考えると、半年~1年計画というのが現実的といえるでしょう。

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド