サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

照明

ここでは工場でのコスト削減に役立つ省エネ方法「照明編」をご紹介します。

工場の照明で省エネを実現

工場での照明の省エネといえば、2011年の計画停電やそれにともなう節電ムーブメントの時の主流は「電灯の数を間引きする」でした。

けれども、実際には電灯を間引きして照度が低くなると、仕事の精度が低くなったり、従業員の心身に悪影響を及ぼすことがわかっています。

そこで現在、工場の省エネの手法として採用されているのは主に以下の2つです。

1.照明そのものを変える

水銀ランプが主流であった工場の照明ですが、LEDなどの省エネ照明に変更するだけで、およそ60~70%もの省エネにつながります。

ただし、LED照明については、照射角が基本的に90度であること、また電盤そのものを変える必要がある可能性があることなど、デメリットも多いので注意が必要です。

2.利用時間を短縮する

昼食の時間、午後休憩の時間、終業後は基本的に工場の照明を消灯とするだけで、大きな省エネ効果が生まれます。さらに、仕事と休憩の時間のメリハリをつけることで生産性の向上をも見込むことができます。

工場では当たり前のような風景ですが、まだまだ未導入で「終わらない分は休憩時間に」という企業もあるようです。しっかり割り切ることがむしろ生産性を上げて、工場の省エネにつながるのではないでしょうか。

また、上記の2つに加え、このサイトでは、コストに見合う省エネ法として「太陽光発電の活用」も提案したいと思います。

太陽光発電の活用

工場には大型機械があるため、照明のエネルギーについては些少なものという誤った認識が生まれがちです。けれども、実際には工場で消費されるエネルギーのうち、およそ30%近くが照明とも言われています。

この照明に使われる電力を事業用太陽光発電でまかなうだけでも大きな省エネになります。分電盤などを使用して、導入を試みるのも良いかもしれません。

省エネ効果抜群!
産業用太陽光発電の優良設置会社5選

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド