サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

三菱

産業用太陽光パネルの導入において、モジュールからシステム化まで、すべてを任せられる三菱をチェック。製品概要や性能などを紹介しています。

すべてお任せできる!三菱の産業用太陽光パネルとは

三菱の産業用太陽光パネルの画像三菱は、総合電機メーカーである自社のノウハウを集積させ、さまざまな技術で高出力の太陽光発電を可能にしています。

特筆すべきなのが、三菱ならではの集積電極の細線化。従来製品よりも22%も細くすることで、セル面積が増えて発電効率の改善を果たしています。

また、三菱では単結晶セルを基本技術として用いていますが、そのセル表面の不純物の深い位置に誘導することでセル一枚あたりの出力を向上。さらにセルの材質を均一化することで、モジュール全体の出力レベルを高く保つことにも取りくんでいます。

もちろんパワーコンディショナや計測盤日射計なども三菱独自のものを開発。太陽光発電の全てを任せることができそうです。

サイトには発電量と売電額をシミュレーションできるページもあるので、ぜひシミュレーションしてみてください。

三菱製の産業用太陽光発電パネルを採用している設置業者は?

三菱の産業用太陽光パネル製品

◆三菱のモジュール

三菱のモジュールは効率的に光を取り込める素材を採用。従来は取り込むことができなかった300~400nmの波長光も取り込むようにできるようになり、以前よりも高い発電効率を実現しています。

三層構造のバックフィルムで塩害を予防し、防汚フレームで雨やホコリにも強い構造となっています。

セル配線へのストレスを軽減する設計で、耐久性にも優れています。

製品名(型番) PV-MG209BBXR
寸法 1,657×858×46mm
重量 16.0kg
公称最大出力 209W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶
製品名(型番) PV-MGJ261BCFS
寸法 1,657×994×46mm
重量 19.5kg
公称最大出力 261W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶
製品名(型番) PV-MGJ265BBFS
寸法 1,657×994×46mm
重量 19.5kg
公称最大出力 265W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶
製品名(型番) PV-MGJ261BBFR
寸法 1,657×994×46mm
重量 19.0kg
公称最大出力 261W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶
製品名(型番) PV-MGJ261BBFS
寸法 1,657×994×46mm
重量 19.5kg
公称最大出力 261W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶
製品名(型番) PV-MGJ250BBFR
寸法 1,657×994×46mm
重量 19.0kg
公称最大出力 250W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶
製品名(型番) PV-MGJ250BBFS
寸法 1,657×994×46mm
重量 19.5kg
公称最大出力 250W
公称解放電圧 -
セルの種類 単結晶

◆三菱のパワーコンディショナ

太陽光発電業界の中でも最高水準の変換効率で、安定的な出力を実現する三菱製のパワーコンディショナ。

出力制御機能(別売り)にも対応する単相(屋内壁掛けタイプ・屋内外設置血胸タイプ)と、施工性の向上、高効率、コンパクト設計の三相架台設置形(10kw)があります。

製品名(型番) PV-PN40G-G
製品名(型番) PV-PS10B形
製品名(型番) PV-PT10GLUBK-PF(鋼板)/PV-PT10GLUBS-PF(SUS)
製品名(型番) PV-PT10GLUBK-FRT(鋼板)/PV-PT10GLUBS-FRT(SUS)
製品名(型番) PV-PT30A形
製品名(型番) PV-PT40A形

◆データ収集装置

三菱のデータ収集装置は、発電状況をリアルタイムで確認できる小型装置。発電状況の確認だけではなく、機器が故障した際などにも、すぐに指定アドレスへメールを自動送信します。アドレスは10か所まで登録可能なので、見落としはありません。

また、三菱製だけではなく、他社のパワーコンディショナーへの接続が可能な点も特徴です(GSユアサ製、安川電機製、東芝三菱電機産業システム製)。

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド