サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアの産業用太陽光パネルを調べ、製品性能などをまとめました。

20年保証が魅力!ソーラーフロンティアの産業用太陽光パネルとは

ソーラーフロンティアの産業用太陽光パネルの画像ソーラーフロンティアは、石油元売企業である昭和シェル石油株式会社が100%出資している子会社です。

1993年から太陽光発電に取り組み、他の太陽光パネルメーカーが結晶系のセルの開発を進めるなか、ソーラーフロンティアでは化合物系シリコンを使用した薄膜系の太陽電池セルの研究を進めています。

2014年には、厚木の研究開発センターにおいて、0.5cm角のセルながら20.9%という変換効率を達成。これは現段階での世界記録となっています。

ソーラーフロンティアのパネルは、銅やインジウム、セレン(CIS)を使用しており、気温が高い時期でも発電量を保つことができるのが特徴。実発電量も結晶系シリコンに比べてソーラーフロンティアのCISが上回ることも多いようです。

また、産業用太陽光発電業界では最長クラスの20年保証を行っているのも大きなポイントといえます。

ソーラーフロンティアの産業用太陽光パネル製品

◆ソーラーフロンティアのモジュール

モジュールの特長はCISと呼ばれる太陽電池を採用。主成分に銅とインジウム、セレンを使っていることから、その頭文字を取ってCISです。

CISは従来の結晶シリコン系に比較して、高温時の出力ロスを軽減。部分的に影っていても、その影響が少ないという特徴を持ちます。安定的な電力供給を実現し、年間通しての実質的発電量で高い結果を出してしま巣。

製品名(型番) SF165-S
寸法 977×1,257×35
重量 20 kg
公称最大出力 165W
公称解放電圧 110V
セルの種類 化合物系(CIS系薄膜)
製品名(型番) SF160-S
寸法 977×1,257×35
重量 20 kg
公称最大出力 160W
公称解放電圧 110V
セルの種類 化合物系(CIS系薄膜)
製品名(型番) "Solacis neo" SFR100-A
寸法 638×1,231×27
重量 8.0kg
公称最大出力 100W
公称解放電圧 69.0V
セルの種類 化合物系(CIS系薄膜)
製品名(型番) "Solacis neo" SFR95-A
寸法 638×1,231×27
重量 8.0kg
公称最大出力 95W
公称解放電圧 69.0V
セルの種類 化合物系(CIS系薄膜)

◆ソーラーフロンティアのパワーコンディショナ

ソーラーフロンティアのパワーコンディショナの特徴は4つ。1つ目が、コンパクトで薄型のデザイン。設置場所に困りません。2つ目が高い電力変換効率。最高で95%を実現しています。3つ目が、電力変換時のノイズ抑制装置。4つ目が、新方式「ステップ注入付き周波数フィードバック方式」の搭載による、連係のスムーズ化。 これらの特徴によって、安定的に高い電力供給を実現しています。

製品名(型番) KP55K2-SS
寸法 550×280×161
重量 18.0kg
定格入力電力 -
入力電圧範囲 DC60~385V
定格出力電力 -
電力変換効率 95.0%
製品名(型番) KP40K2-SS
寸法 460×280×131
重量 13.5kg
定格入力電力 -
入力電圧範囲 DC60~385V
定格出力電力 -
電力変換効率 95.0%
製品名(型番) SPC5503
寸法 580×280×162
重量 18.5kg
定格入力電力 -
入力電圧範囲 DC90~380V
定格出力電力 -
電力変換効率 94.5%
製品名(型番) SPC4003
寸法 490×270×156
重量 14.0kg
定格入力電力 -
入力電圧範囲 DC90~380V
定格出力電力 -
電力変換効率 94.5%

◆ソーラーフロンティア製太陽光発電の品質

自然を相手にする太陽光発電ですから、あらゆる環境下でも安定的に稼働させる必要があります。ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは、様々な過酷な環境での実験を重ね、その耐久性を確認。さらに、現在でも独自の厳しい試験を実施中です。

世界に名だたるCIS電池式モジュールは、すべて国内で一貫して生産。出荷の際には1枚1枚の出力確認を行っているため、不良品もまずありません。 ソーラーフロンティア製の太陽光発電システムは、「品質の高さ」が何よりの特徴です。

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド