サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

環境への配慮

産業用太陽光パネル設置会社を選ぶ基準のひとつ、施工時の環境への配慮について解説しています。

太陽光パネル設置時の環境への配慮

スレート屋根イメージ2004年以前に建設された日本国内の多くの建物では、屋根にアスベストが使用されている可能性があります。アスベストは厚生労働省が認定する発がん性物質であるため、所定の措置を取らなければ人体に悪影響を及ぼしてしまいます。

2004年以降に建てられた倉庫などであれば、防水さえしっかりしておけば問題はありませんが、アスベストが含まれた建物はまだまだ多いのが現状。そんな建物に太陽光発電パネルを設置する際、安易に穴を開けてしまうと屋根に含まれるアスベストが周辺に飛散することが考えられます。

この問題をクリアするためには、アスベストを適切に処理できる会社か、そもそも屋根に傷をつけない会社を選ぶ必要があります。

ただし、アスベストを適切に処理するためには屋根を葺き替えたり、もう1枚別素材の屋根を載せる必要があり、コスト面で事業者の大きな負担になることが予想されます。

そのため、当サイトでは、屋根に穴を開けずに太陽光パネルを設置できる業者をおすすめします。

おすすめの設置方法と設置会社

さつき

さつきは、数多くのスレート屋根に産業用太陽光パネルを設置した実績を持っています。

専用のレールを3本使い、3つの線で太陽光発電パネルを固定します。これは特許を取得した独自工法で、スレート屋根に穴を開けることなく太陽光パネルを設置でき、アスベストが飛散する心配もありません

築年数が古いスレート屋根の建物は、アスベストや余力荷重の問題で、太陽光パネルメーカーやその販売店、施工会社から断られることが多いのですが、この工法であれば、古いスレート屋根の工場や事業所でも、太陽光パネルの設置が可能です。

屋根や建物に負荷をかけず、環境にやさしい太陽光パネルの設置を実現する方法にはさまざまな業界から注目が集まっています。

さつきの太陽光発電システムについてもっと知りたいならこちら

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド