サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

パネルの種類

産業用太陽光パネル設置会社を選ぶ基準として、取り扱っているパネルの種類について説明しています。

スレート屋根の工場に設置できる産業用太陽光パネルとは?

太陽光発電工場や事業所に産業用太陽光パネルを設置するときに、注意しなければならないのは設置する場所、主に屋根が支えられる荷重余力です。

一般的な日本の事業所や工場などに使われるスレート屋根の荷重余力は1平方メートル当たり10kg前後と言われています。

一方、市販されている太陽光パネルのほとんどの重量が12kg~16kg。そのため、そのままではスレート屋根に太陽光発電パネルを敷き詰めることが難しくなります。

この問題を解決するためには、屋根の半分くらいを覆う程度にスペースを空けながら設置をするか、工場の設備を停止して建物の強度を上げるために補強するかのいずれか。工場を停止するのはあまり現実的ではないので、屋根を完全に覆わないようスペースを空けながらパネルを設置することになります。せっかく広い屋上を利用するのに間引いて設置するのでは、効率がよくありません。

こうした事態を防ぐためには2通りの会社の選び方があります。

ひとつは様々なメーカーの製品を扱っている会社です。複数の会社の様々な製品を扱っている会社であれば、「AがだめならB」、「BがだめならC」というように次々に提案してくれます。

もうひとつは、総重量が軽いパネルを扱っている会社です。太陽光発電システムの総重量が工場や倉庫、事業所の余力荷重に収まるので、間引き施工の必要がなくなります。

このサイトではどちらの会社も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの産業用太陽光パネル

ラズソーラー・ネオ

ラズソーラー・ネオは1平方メートル当たりの重量が8kg。昔ながらのスレート屋根の工場や事業所でも補強工事なし、間引き施工なしで太陽光発電パネルを設置できます

このラズソーラー・ネオを数多く施工しているのがさつきです。軽量太陽光パネルの設置実績としては日本有数の実績を誇るため、劣化した屋根の補強などについてのノウハウも充実。安心して相談もできますよ。

ラズソーラー・ネオついてもっと知りたいならこちら

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド