サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

施工方法

産業用太陽光発電パネルを設置する会社を選ぶポイントのひとつ、施工方法についてまとめています。

産業用太陽光パネルの設置場所をチェック

産業用太陽光パネルを設置するには、まず設置する屋根などの材質を確認しなければなりません。屋根の材質に合わせて、施設に負担をかけない設置方法を提案できる設置会社を選びましょう。

スレート屋根の場合

スレート屋根スレート屋根に産業用太陽光パネルを設置する場合、ビス止めのためにスレートそのものに穴を開け、防水処理をした上でパネルを固定する方法が一般的です。

しかし、この方法ではどんなにしっかりと防水処理しても雨漏りの可能性があります。また、屋根を塗り替える際にはすべての設備を取り外さなければならないといったリスクもあります。

さらに、古いスレート屋根にはアスベストが含まれており、安易に穴を開けてしまうと環境被害が発生する恐れもあります。

そこで、最近では屋根に穴を開けずに太陽光パネルを設置する方法に注目が集まっています。

金属屋根の場合

金属屋根に産業用太陽光パネルを設置する場合にも、屋根素材に着目する必要があります。スレート屋根に比べると、穴を開けずに設置できる方法もだいぶ発達してきていますが、まだまだ穴をあけてビス止めする工法も多く、そこから腐食する可能性があります。

屋根素材が比較的腐食の少ないガルバニウム鋼板以外の材質であれば、できるだけ穴を開けない方法で施工してくれる会社に依頼しましょう。

設置方法からみる産業用太陽光パネルおすすめ施工会社

さつき

特許を取得したオリジナルの施工方法によって、どんな屋根にも穴を開けずに太陽光発電パネルを設置できます。穴を開けないので水漏れの心配がなく、古いスレート屋根からアスベストが飛散することもありません

さらに、非常に軽い太陽光発電システムであり、設置用の架台も必要ないため、建物の補強工事がいらない点も大きなぽいんとです。

さつきの太陽光発電システムについてもっと知りたいならこちら

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド