サイトマップ

コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド 省エネ効果が高い産業用太陽光発電の設置会社を調査しました 産業用太陽光発電システム設置会社を選ぶポイントとは?

メガソーラー

ここでは規模別に事業用太陽光発電のメガソーラーシステムのメリットとデメリットについて検討してみます。

メガソーラーシステムのメリットとは

事業用太陽光発電のメガソーラーシステムとは、言葉のとおり1メガ、つまり1000kW以上の大量の発電を可能にする太陽光発電システムのことです。

太陽光発電のメガソーラーシステムには以下のようなメリットがあります。

  • 1.売電がひとつの収入になる

1メガ以上の発電が可能な事業用太陽光発電のメガソーラーシステムは、全国に未だ100前後しかありません。

メガソーラーの場合は太陽光発電で得た電力は自家用というよりも売電による大きな収入を得る手段となり得るでしょう。

平成26年の32円/1kWで簡単に試算すれば、年間3000万円が得られる計算になります。

  • 2.エコな企業イメージがつく

メガソーラーをもっている企業は、地域の安定した電力の供給に寄与している企業ということになります。

そのため、太陽光発電が事業用であっても「エコな会社」「クリーンエネルギーに関心と理解がある会社」という企業価値の向上に繋げることができます。

メガソーラーシステムのデメリットとは

  • 1.広大な用地が必要

事業用太陽光発電のメガソーラーシステムを構築する場合、およそ2haの用地が必要となります。

これは、サッカーコート2つ分くらいです。さらに、土地区分によっては、ソーラーシステムを構築できない場合もあるので、注意が必要です。

  • 2.初期投資が莫大

1000kWの事業用太陽光発電メガソーラーの建築コストは、およそ3.5億円前後(土地取得費用は別)となります。初期投資としてはあまりにも莫大だと言えるでしょう。

事業用太陽光発電のメガソーラーシステムは、現段階ではある程度の資産力があり、なおかつ遊休地がある場合の活用法と考えたほうが良さそうです。

 
 
▲ このページの上部へもどる
コスト削減に効果大!産業用太陽光発電ガイド